目の弱い人はカラコンには要注意

目の弱い人はカラコンには要注意

30代女性T.Rさん


私は大学生の頃から視の低下を自覚し、コンタクトレンズを使用してきました。一時期、コンタクトが煩わしくてレーシックの手術を受けてしまおうか迷っていた時期もありましたが、後の事が怖くなり結局今でもコンタクトレンズを使用し続けています。

 

数年前、そんな私は初めてのカラコンを体験しました。

 

チバビジョンから発売されているフレッシュルックデイリーズのピュアヘーゼルというお色です。見た目はかなり明るいブラウンで、実際に着用してみると大分外国風になれます(笑)

 

このカラコンを付けていて何度も外国人やハーフの人に間違えられました。旅行客らしい外国人の女性に突然英語で道を訊かれた事もありました。その時の髪の色がほぼ金髪だったせいもあると思いますが、そういう意味ではとても気分転換になりました。気持ちも心なしか明るくなれていた気がします。

 

しかし着用してから3ヶ月程経ったある日の朝、目に痛みが走りました。

 

急いで鏡で見てみると目が真っ赤になっていて、とにかくしみるような痛みが続きました。その日の夕方、急いで眼科に行って診察して頂いた所、「角膜にそうとうな傷が付いていて、結膜炎にもなっている。」という事でした。

 

確かに痛みだけでなく、かゆみも少し気になっていたのですが、結膜炎も併発しているという事で「今すぐに使用を中止してメガネを着用し、必ず点眼液を差して1週間は絶対にコンタクトをしてはいけません。

 

もちろんコンタクトというのは普通の透明の方です。カラコンなどもっての他です!二度と着用しないで下さい。」と言われたのです。カラコンは特殊な加工がされているので、目に酸素が行かないそうです。酸欠状態になった目は炎症を起こし、角膜に出来た傷が結膜炎を誘発したそうです。

 

私は怖くなって、すぐにカラコンを外し、メガネにして言われた通りに点眼液をしっかり1週間差しました。点眼液はすぐに効き、10日後にはすっかり良くなっていました。それでも私はカラコンは絶対にしません。

 

私自身がそうなのですが、ドライアイやアレルギーのある方は特に危険だと思います。カラコンにも合う合わない体質があるので、使用する際は十分に気をつけましょう。