レーシックをしたおかげでカラコンが使えるようになりました

レーシックをしたおかげでカラコンが使えるようになりました

30代女性K.Yさん


子供のころから目が悪くて、常にコンタクトかメガネを使っていましたが、ここ5年程はメガネの焦点もなんだか合いにくくて、仕事がしにくいったらありゃしません。

 

ついに思いきってレーシックを受けたのですが、受ける前と後では別世界にいるようです。メガネやコンタクトの煩わしさが無くなり、ラーメン食べてもメガネが曇らないし、コンタクトの手入れのメンドクサさからも解放されました。

 

さらに手に入れた幸せは、美貌です(笑)。
つまりそれまで使えなかった、カラコンを目に入れているのです。

 

私はある習い事をしているのですが、そこの先生がとても美しくて憧れているのですが、ある日先生が自分はカラコンを入れているのよと教えてくださったのです。

 

その場に居た生徒はみんなどよめきました。

 

先生によると入れているときと入れて無いときは別人のように、顔が違うっていうのですから。以来私もいつかカラコンを入れたいと思っていたのです。

 

実際使ってみるとカラコンを入れると入れないでは大きな違いですよね。私は目が小さくて、目の印象がぼけていたのです。一生懸命アイラインやマスカラで目力を付けようとしても、ほんらいの瞳が小さいとどうも効果は今ひとつです。

 

初めてカラコンを入れたときは、自分でもビックリです。
クッキリ黒々と印象的な目が完成です。

 

カラコンひとつで印象がハッキリとするので、反対にアイラインはあまり入れなくなりました。アイラインは滲んできたりするので、その煩わしさが無くなったのはありがたいことです。

 

友達と合うときにカラコンを入れていくと、「なんかきれいになってない?」と言われました。やったー。

 

出かける前にカラコンを入れると、よし!って気分になります。
帰ってきてカラコンを外すと、気分も顔もオフモードになります。

 

オンとオフをカラコンで楽しんでます。