目に優しいカラコンとは?

目に優しいカラコンとは?

目に優しいカラコンは、基本的に酸素透過率が高いです。
日本にある人気のカラコンのメーカーや通販サイトを使っていれば、
優良な商品が大半を占めています。

結局のところ、カラコンを使っていて問題なのは、
買った後の使い方の方なんです。

「目がゴロゴロする」、「視界がぼやける」、「目が乾く」
などのトラブルは、使い方を間違えている場合が多いのが現状です。

まず、目がゴロゴロして異物感がある場合は、
カラコンを選ぶ際に事前に、眼科で適切なカーブを計測してもらい、
それに基づいて購入したでしょうか。また、裏表を正確に装着していますか?

手を洗わずに装着しレンズに異物が付いている、
洗浄が不十分でタンパク質等で汚れている、
酸素が瞳に届いていない、
角膜に傷がある、
レンズに傷がある
等様々な原因が考えられます。

角膜に傷がある場合は、爪が伸びている等で
瞳に傷を付けてしまったり、レンズに傷がある場合は、
正しい使用期限を守っていたか等様々な原因があります。

視界がぼやける場合で、度入りの場合は、度数が合っていない可能性があります。
視力が良くても、ぼやける場合、そのカラコンと相性が悪いか、
瞳が酸欠を起こしている可能性もあります。

目が乾くのは、ソフトコンタクトを使っていることに原因があります。
ソフトコンタクトは、瞳の水分を奪うので目が乾きやすく、
元々ドライアイの方には、リスクがあります。

もともとドライアイで無くてもドライアイを発症する場合もあります。
瞬きを忘れないようにしたり、ソフトコンタクト用の目薬を
こまめに点眼するなどの工夫も必要です。

おしゃれのためとは言え、装着した際に違和感が強い方は、
眼科医の指導を受けたり、使用を中止するのが望ましいです。