カラコンの注意点

カラコンの注意点

カラコンは、自分の手で眼球に貼り付けて使うものですから、
使い方を間違えるととても危険です。

最も危険なのは、若くてあまりコンタクトに対する知識のない方が、
オシャレしたいという一心で自己流で使ってしまうことです。

反面、正しい知識を持って使えば、カラコンは、
一般的なコンタクトレンズと同様にほとんど危険性はありません。

そこで、カラコンの注意点を挙げてみます。
カラコンは、ほとんどがソフトタイプのコンタクトレンズです。
ハードコンタクトと比較すると、酸素透過率が高いのが特徴です。

酸素透過率が高いほうが目が酸欠を起こすことが無いのでより安全です。
しかし、安全性の高い酸素透過率の良いカラコンを使っていても
正しい使い方をしなければ、目が危険にさらされます。

特に注意する点としては
決まった時間を超過してカラコンを装着すること
汚れたカラコンを使うこと
などが挙げられます。

不衛生な手でカラコンをつけたり、1DAY以外の場合は、
正しく洗わないでまた装着することによって不衛生になり、結果、眼病を招きます。

カラコンは、処方箋無しで購入できることがほとんどです。
しかし、自分の眼球のカーブと合っていないカラコンは、とても危険です。

処方箋はなくとも購入できますが、
初めて購入する前には、眼科で処方箋を貰いましょう。

また、目に異常がないか調べるために
3ヶ月に1度は眼科医を受診することが望ましいです。