カラコンの安全性は?

カラコンの安全性は?

カラコンは、2009年11月4日より、薬事法改正に伴い「医療機器」になりました。
医療機器に指定される前は、
カラコンのトラブルがとても多く社会問題になっていました。

薬事法が改正された今も、カラコンを購入しようと思えば、
処方箋が無くても購入できてしまうのが現状です。

しかし、通販などでも、度ありを希望する場合は、
処方箋を提示しないと購入できないこともあります。

通常のよく見えるようにするのが目的のコンタクトも
カラコンも目に入れて使うので、どちらも危険が伴います。

ですから、一般的なコンタクトレンズと同様に
カラコンを購入する際にもしっかり眼科に行って処方箋をもらうべきなのです。

目には、人それぞれのカーブがありますので
カーブが合わないカラコンを使うと、痛みを伴ったり目に不具合を起こします。

そして、装着している時間を守らなかったりと正しい知識が無いまま、
カラコンを使うと、とても危険な症状を招くことになります。

眼科の中には、カラコンに理解の無い医院もありますので、
予約する際にカラコンの処方箋が欲しいが可能かを確認しておくと良いでしょう。

また、過去に中国や韓国産のカラコンの一部で
色素が眼球に付着する事故が話題になりました。

今ではほとんど危険な例はありませんが、多くの方が使っていたり
有名で安心のカラコンシリーズを利用するようにしましょう